混戦のJ2も残り8試合、自動昇格の枠は1つ決まったか・・・?

残り8試合となったが、今シーズンのJ2は史上まれに見ぬ大混戦がまだ続いてますな
正直言って今シーズンはJ2の方がおもろいっす!まぁ、モンテがJ2に居てるからでしょって突っ込まれたらそれまでですけどね・・・苦笑。

上位では自動昇格に現実味を帯びたクラブ、まだ自動昇格とプレーオフどちらも可能性があるクラブ、何とかプレーオフ圏内死守のクラブ、あわよくばプレーオフ進出のクラブの4つにほぼ分かれた感じですね。

まずは自動昇格に現実味を帯びたクラブに該当するのは甲府やね。
夏場最も勝ち点を伸ばして一気に首位に出て一歩抜け出したし、内容が良くなくても負けなくなったからね。
エースFWダヴィも怪我で離脱せん限り得点王間違いないでしょ。

自動昇格とプレーオフどちらも可能性があるのは湘南・大分・京都・東京Vか?
湘南は前半戦の快進撃ほどの勢いは無くなったけど、何とか粘り強く戦ってますね。
大分は予想以上に頑張りを見せているなという印象かな?今シーズンは大崩れしないですね。
京都は9月に入って勝てなかったけど、前節のモンテとの自動昇格へのサバイバルマッチに勝利したのが大きいね。
東京Vは攻撃陣の調子が上がってきて息を吹き返しつつあるように感じますね。

何とかプレーオフ圏内死守のクラブは千葉とモンテかな。
千葉はここに来て勝ちきれないし、下位チームに取りこぼしが多いね。得点も取れないし信じられない失点からリズムを崩してるのがマイナスやな。
モンテも夏場辺りから勝ち点がそれほど上積み出来てないし、選手の疲労がピークに達してる感じやね。ブランキーニョ加入で攻撃がさらに活性化したが肝心の得点が奪えてないのも・・・。

あわよくばプレーオフのクラブは横浜FC・栃木・岡山・北九州かなぁ。
横浜は素さんが監督に就任してから戦えるチームになったね。あと、大久保ジャンボはJ2だとまだまだ活躍出来るんだなと改めて感じさせられました。
栃木は堅い守りから先行して逃げ切る試合を多く作れるかに掛ってるように思います。
岡山は確実にレベルアップしてますね。引き分けの試合が多いんで勝ち点3をどのくらい取れるかに掛ってると思います。
北九州は今J2クラブの中では最もチーム状態がいいのではと感じますし脅威ですね。まぁ、守りのミスが減って前線が得点取れるんですから勝つのは当然ですな。


一方で今年からJFL降格がある下位ですけど、岐阜・富山・鳥取・町田にこのまま連敗が続くと愛媛も巻き込まれるか?という感じですね。
現在、JFLから昇格の可能性があるのは2位V・ファーレン長崎と7位カマタマーレ讃岐、特に長崎は首位AC長野パルセイロとの勝ち点差は3と優勝の可能性もあるし、このまま行けば最低でも入れ替え戦は開催するであろうから、予断は許さない状況ですね。


果たしてここからどんな展開が待ち受けてるのか、非常にたのしみですな!

"混戦のJ2も残り8試合、自動昇格の枠は1つ決まったか・・・?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント