今年もJクラブと対戦!

2週連続のカシリクでの観戦となりましたが、前半は雨でしたわ

そのせいもあり客足は鈍かったね。

奈良クラブの天皇杯の初戦は関学大、大型のバスで乗り込んできて意気込みを感じた。
てか、私HTは大寝坊で到着が試合開始時刻のほんの数分前でした・・・

試合は奈良クラブが延長にもつれ込まれながらも、114分にガイトこと橋垣戸のゴールで粘る関学を振り切って、今年もJクラブ(ヴィッセル神戸)との対戦が実現する事となった!

  2012~13 天皇杯1回戦 天気:雨のち晴
   橿原公苑 13:01 観衆 670人
奈良クラブ(奈良/KSL)  関西学院大(兵庫/大学)
      3      結 果      2
      1      前 半      0
      1      後 半      2
      0      延 前      0
      1      延 後      0

得点者(奈良ク)前19後1 池田2(安藤、濱田)、延後9 橋垣戸(稲森)(関学)後4 小林(小幡)、後46 呉屋(沓掛)

警告(関学)小幡、塩谷、福森2(奈良ク)野本、桜井

退場(関学)延後17 福森 警告2枚

HT独断のMOM MF11池田昌広、DF6橋垣戸光一(以上奈良クラブ)

立ち上がり関学にいきなり決定機を与えるも、ポストと守備陣が踏ん張ると10分過ぎからならクラブペースで進んで19分に左サイド吉田智のクロスを安藤が折り返して池田が豪快にボレーで叩き込んで先制。後半開始直後にも池田の2点目の得点で2点差になりいい流れで試合が進んだ。
ところがすぐさま関学に1点返され、優位に進めながらも3点目は奪えず、関学が必死に粘り奈良クラブの選手の動きの質が落ちると、後半アディショナルタイムにクロスボールがファーに流れ、詰めていた呉屋に押し込まれて追いつかれて逃げ切りに失敗した。

延長は互いに気力を振り絞り譲らぬ展開で進んだが、延長後半9分右サイドで安藤がキープし上がってきた稲森に渡ってクロスボールを出すと、橋垣戸が頭で押し込んで再び勝ち越しこれが決勝点となりました。


できれば90分で終わりたかったですね。2年連続でJリーグとの対戦が決まったけれど、今シーズンは速攻を得意とするチームと分がよくないような気がするんですよね。
特に相手はそれが得意のヴィッセル、けれどいいスパーリングになるだろうし、ここで一泡も二泡も吹かせればすごく自信になると思うので期待しております!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック