悪い流れは未だ変わらず・・・

画像

この3連休、カンカン照りの暑さかと思えば突然のゲリラ豪雨、お出かけ泣かせの天気でしたね・・・

そんな不安定の天気の中、15日に開幕戦以来の鴻ノ池での奈良クラブのホームゲームに行ってきました。
この日の午前中、私HTの住んでいる西和地域は土砂降りの雨と雷で大荒れでしたが、鴻ノ池は幸いそこまで酷くはありませんでした。

試合前にサポーターの集会があり、現在J準会員申請を受理されてはいるが、厳しい状況を踏まえた上での想いや意見交換、活動の幅を広げるなどの話し合いが行われました。
私HTは今年は静観すると決めているので何も述べなかったんですが、だいたいはほかの皆さんが主張していたのとほぼ同意見でしたので、私HTも含め誰一人サポーターはブレていなかったことが確認できて良かったです。


試合なんですが、この試合も奈良クラブはゲームを支配はするが、得点は前半セットプレーから森田が合わせた1得点のみ。追加点が取れずバンディにミスから僅かなスキを突かれて追いつかれてドローに終わりました。

2013 KSLD1 第11節 天気:曇
  鴻ノ池 14:00 観衆 829人
奈良クラブ   バンディオンセ加古川
   1   結 果    1
   1   前 半    0
   0   後 半    1

奈良クラブ 3勝3分5敗5位
バンディオンセ加古川 6勝2分3敗3位

得点者(アシスト)(奈ク)前35 森田(池田)(バ)後12 鈴木

警告(バ)新保

HT独断のMOM 該当者なし


いやあ、この日の奈良クラブも今季を象徴する得点不足とつまらない失点、シーズンが進んで少し変化を期待したんだが、変わっていないですね。
選手は頑張ってはいるし糞ゲームといえる試合じゃないんですが、キレイにやろうとする意識が強すぎてゴールへ向かう気迫が感じられないんですね。
しかも、前節PKに繋がるプレーをしたFWアキト(小林)がまさかのベンチ外。今奈良クラブにとって彼のようにガツガツゴールに迫る動きは、流れを変える上ではこの試合も必要であったと思うんですけど、何故ベンチ外なんか疑問に感じた?
失点のシーンもしっかりとしたコーチングと約束事が出来ておれば防げたはずやしチグハグでしたね。

バンディは至ってシンプルでしたね。しっかりと守りを固めてボールを奪って手数かけず、カウンターでチャンスをモノにしようとしてましたからね。ミスは多かったですが・・・
ちなみに昨年まで奈良クラブにいたGK日野や元セレッソの下部組織出身の堂柿はベンチでした。
だけに奈良クラブが勝ってほしかったんですけどね。

で、この日の観客動員ですが、オフィシャルでは1200人となっていますが、1000人も入っていませんよ!


この試合でリーグ戦は中断に入ります。しかし天皇杯予選や国体と試合はあるので、浮上するきっかけを掴んで狂った歯車が合うように今以上にアグレッシブに行って欲しいです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック