粘りは見せたが力の差は歴然・・・

開幕戦は両者ともに引き分けに終わり2節を迎えた訳だが、HTはいきなり静岡市内に入るなり、東海道線の架線支障の影響を受けてアウスタ着が試合開始20分前と、大幅に到着が遅れアウェイの洗礼をスタジアム入りする前から受けたし、風も強かった・・・。
せめて富士の頂でも見れたら良かったんやけど叶わんかった。
画像
画像


スタジアムは大量のオレンジサポに埋め尽くされてたが、モンテサポも繁殖する前の関東サポの人数ぐらい来てた。
画像
画像

場所をとっといてもろたモンテサポのところへ行き、着替えると同時にセスナ機とヘリコプター2台が颯爽の如くアウスタ上空に登場し、えらい派手な事するなぁ~と感心したが、ピッチの上空へ移動してボール(試合球)を落下させただけやった・・・派手な演出の割にはつまんねえ~
HTが企画するなら、アパッチ登場させてその後にボールを拾いに行ったパルちゃん目がけてロケット弾発射!てな感じで考えんねんけどなぁ~
画像
画像
画像



試合やけど、モンテは守りこそ昨年の粘りの守備が終盤までしっかり出来てはいたが、攻撃面では清水に比べると精度や個々のスキルなどの差はかなりあったんで、この結果はいさ仕方なしかなぁ~とおもてます。


   2010 J1 第2節
アウスタ 14:03 観衆 18,517人
   清 水   山 形
     3  結果  0
     1  前半  0
     2  後半  0

清 水1勝1分
山 形1分1敗

得点者(アシスト)(清)13分藤本(ヨンセン)、88分岡崎(市川)、94分伊東

警告(清)ボスナー、兵働(山)田代、増田

HT独断のMOM MF藤本淳吾、FWヨンセン(以上清水)


前半立ち上がりから清水がボールをキープしてゲームを支配すると、13分にゴール前中央でヨンセンのシュートが前にいた淳吾(藤本)に当たって方向が変わり、モンテGKシミケン反応できずラッキーではあったが先制した。
その後も清水がボールを支配し、特に淳吾がチャンスメイクにシュートにコンディションのの良さを見せ、Jに復帰した小野やヨンセン、右サイドをオーバーラップした市川らが絡み華麗なパスワークを魅せた。
一方、モンテは古橋やミヤを中心に組み立てたり一発カウンターを狙うも、FW陣はハセはなかなか前を向かせてもらえず、田代はボールコントロール出来ずでシュートまで持ち込めなかった。
守備陣は清水の華麗なパス回しや個人技で度々ピンチが訪れるも、崩される事はほとんど無く粘り強く凌ぎ切る。
すると前半の終りにモンテに最大のチャンスが訪れた。
清水のミスからボールを奪い、前線にいた古橋にボールがつないでカウンターとなって、ボールを持ち込みシュートするが、清水GK西部に阻まれた。
少しずつモンテに流れが来てこれからや!という時に、アクシデントが訪れた。
ロスタイムに清水Pエリアすぐ外でハセと岩下が交錯してハセが担架で運ばれ負傷退場して前半が終わった。


後半その負傷退場したハセに代わって北村を投入する。
後半立ち上がり北村を投入してモンテが攻めにかかり、CKやFKなどからチャンスを迎えたが、シュートすべて枠の外であった。
後半12分、モンテは田代を下げ誓志を投入して布陣を少し変えた。
しかし、大きくは変わらず逆に清水が攻勢を仕掛けて、前半あまり活躍してなかった岡崎がシュートまで持ち込むが、枠の外に外れる。
すると、再び試合の流れがモンテに変わり、ボールを回して前へ送りたいとこだったが、清水が守備固めに入り中々ゴール前へボールが運べんかった。
また、時間とともに風が強くなってボール処理が難しくなった影響もあり、しばらく膠着状態が続いた。
そんな中、後半終了間際に清水攻撃陣が一気に爆発する。
まずは88分、右サイド市川からの山なりのクロスをファーサイドの岡崎がうまく頭で合わせると、ボールはゴール右のサイドネットに吸い込まれ追加点を得た。(岡崎はその後宮本のひじが入って歯が折れ曲がって退場する)
ここまで粘り強く守ってたモンテの網を破ると、ロスタイム4分には途中出場の伊東輝がドリブル突破し、一度は石井に阻まれるも再びボールを奪いシュートすると、ボールは左隅に見事に決まってダメを押され清水が快勝した。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


試合の感想やけど、上位を狙うクラブと残留を目指すクラブの差を見せつけられた感じかなぁ~。
まぁ、予想の範囲内で済んで良かったかなぁ~とおもたし、開幕戦の時も思ったんやけど、モンテが浮上するには新加入選手の結合無しでは有り得ない事が改めて確認出来たわ!
開幕戦に比べたら、昨年のような粘り強い守備はある程度出来てるから、あとは攻撃陣やなぁ・・・。
あと目に付いたんは主審廣瀬さんのジャッジは良くなかったな・・・反則・カードを出す基準はあいまいやったからね・・・


選手については、清水は淳吾が調子良さそうに見えたし、ヨンセンは36歳とは思えん運動量の多さ、小野のさすがのキープ力、制空権を制したボスナーの高さ、地味ではあるがボランチ本田拓と、それなりに持ち味は発揮したね。

モンテは古橋とミヤの健闘が目立つな・・・。あと北村が調子を持続してるのもいいね。しかし、田代はダメダメやったし誓志もまだフィットするのに時間が掛かりそうやなぁ。
あ~ハセの負傷は痛いな・・・全治一ヶ月かぁ~

次のホーム開幕、早くも厳しい状況になってるが、何とか乗り切ってほしい・・・てか乗り切ってくれえ~!
個人的にはクナンのFWが見たいな!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: 粘りは見せたが力の差は歴然・・・ HTの寄り道人生記!/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 21:30