HTの寄り道人生記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 序盤戦は楽チン気分、終盤はヒヤヒヤ(その2)

<<   作成日時 : 2015/06/01 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

翌日は月イチの奈良クラブの試合観戦。こちらも前日の京セラドームと同じ展開の試合となった・・・

天気が心配されたがものの見事に予報がハズレ、鴻ノ池には奈良クラブ史上最多となる1,933人がつめかけた

ホームの奈良クラブ、ここ5試合勝ちなしでJFL昇格初年度の1ST優勝争いからは脱落し順位は8位。しかし上位争いに踏みとどまるためには勝ちが欲しいところです。
この日の相手は11位ながらもここ数試合は勝ち点を重ね、元Jリーガーも数人在籍しているヴェルスパ大分。決して侮れないです。

試合は前半は立ち上がりにヴェルスパにFKのチャンスがあったがほぼ奈良クラブペースで進み、両サイドからクロスボールがガンガン入る展開で、11分にCKから一度はクリアされるも再びキッカーを務めた野本に転がり再びクロスボールを出すと中央で馬場が頭で合わせて先制!その10分後にも今度は再三に渡りサイドを突破してチャンスに絡んだ左サイド吉田智がボールを持ち込んでカットインで中に切れ込み、Pエリアから少し外であったが放ったシュートがヴェルスパGK弾くもボールはゴールネットに入って奈良クラブ2点リードとする。
その後も攻守に安定したパフォーマンスで前半終了。

後半も立ち上がりに奈良クラブが立て続けにチャンス、3点目が入ったら試合がほぼ決まるなと思ってたんで奈良クラブにとってはここまではシナリオ通りだったんじゃないかと思います。
しかし、チャンスを逃し続けてプレーの精度が落ち始め、後半18分にPKを献上して元大分の木島悠に決められヴェルスパ1点返し、暑さから75分から奈良クラブの選手の運動量も落ちて行くと試合のペースは一気にヴェルスパに流れる。
奈良クラブは選手を入れ替えてテコ入れするも、流れを変える事は出来ず防戦一方になり、あわや同点かというシーンが再三訪れたが、GKシュナイダー潤之介を中心とした守備陣が体を張って跳ね返し、何とか逃げ切って6試合ぶりの勝利を奈良クラブが納めた!

いやぁこちらも最後はヒヤヒヤもんでしたね。土日ともに同じ展開に笑うに笑えない観戦となりました(^_^;)

けれど選手は最後まで必死に耐えて乗り切ってくれました。これからも苦しい試合が続くと思いますが、勝ち点を積み重ねて貰いたいです。

試合結果 鴻ノ池13:01 観衆1,933人
奈良クラブ2-1ヴェルスパ大分
得点者(アシスト):(奈)馬場(野本)、吉田(ヴ)木島PK

HT独断のMOM:GK15シュナイダー潤之介、MF5吉田智尚(以上奈良クラブ)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

HTのリンク集(事業系HP)

序盤戦は楽チン気分、終盤はヒヤヒヤ(その2) HTの寄り道人生記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる